人にやさしい空間を作る 株式会社保利建設

2014年10月27日

お米実らせ体験2014 〜稲刈り〜

6月に子供たちと手で植えたもち米の稲。
8月の長雨による日照不足が心配されましたがたくさんの米を実らせ
無事、今回の稲刈りをすることが出来ました。
当日は曇り空でパラパラと雨が降り出したりしましたが、すぐに雨もやみ
稲刈りをするには涼しく「最高の稲刈り日和」となりました。
子供たちにカマを持たせるのは少し心配しましたが、びっくりするほど
みんな上手にカマを使い刈っていました。
稲刈りの後は新米のおにぎりとBBQで楽しみました。

皆さんお疲れさまでした。
次は年末の餅つきで会いましょう!

糸島の空気がうまい家
保利建設社 保利重勝
http://horikenhome.jp/


2014-10-26 10.38.13.jpg2014-10-26 10.39.44.jpg1414316302415.jpg



posted by ほりけんブログ at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月23日

浴室リフォーム完成しました。

在来工法のタイル貼りの浴室からユニットバスへ! ではなく
在来工法のタイル張りの浴室から在来工法のタイル張りの浴室へリフォームさせて頂きました。
今回工事をされるきっかけになったのが、2階の浴室から下の階への水漏れでした。
当初、水漏れのリスクの少ないユニットバスへの変更や、1階への浴室の移設をご提案させて頂いていましたが、お客様の生活スタイルや浴室へのこだわりのためにタイル張りの在来工法の浴室を2階に作りました。
お客様はユニットバスは機能性や安全性からも優れていて特に抵抗はなかったものの、ホーローバスのしっとりとした質感と「これ以上ない真っ白感」、それに素足や手で触れた時のタイルの質感が好き。白いホーローの浴槽に合う上品で清潔感のある浴室にしたいとおっしゃっていました。
完成したお風呂をとても気に入っていただけてよかったです。
どうもありがとうございました。

IMG_2072.jpg

IMG_2083.jpg

IMG_2090.jpg


【お客様から今回のリフォームの感想を頂きました】

我が家は、2階浴室であり、水漏れによるリフォームということで、ユニットバスを第一候補と考えていました。そこで、妻の実家の浴室リフォームや、店舗改装工事でご縁のあった保利建設社さんにお願いしました。プラン決定までには、ショールーム見学をはじめ在来工法や1階設置についても検討しました。保利さんからは、専門家の立場から1階にユニットバスが安心では?との提案をいただいたのですが、最終的には、私達の生活スタイルから2階に設置をお願いしました。そして、「ユニットではなくタイルの浴室にしたい!」という私達の要望に快く応えてくださいました。打ち合わせにあたっては、専門的な事柄についても分かりやすく説明してくださり、工事期間中についても、細やかに報告をいただけたので、安心してお任せすることができました。完成した浴室は、期待以上の出来栄えで、家族全員の入浴時間が長くなったようで、大満足です!(ワンコ達も大喜びです)
これも、保利建設社さん・ホリケンさんのおかげと感謝しております。本当にありがとうございました。
最後に、今回の工事に関係して下さった皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。
今後とも末永くよろしくお願いします。

糸島の空気がうまい家
保利建設社 保利重勝
http://horikenhome.jp


posted by ほりけんブログ at 19:04| Comment(0) | 日記

2014年10月14日

浴室改修のレポートです

報告が遅れてすでに完成していますが、浴室改修工事現場からの報告です。

木材と合板で造った下地の上にFRP防水を施工しました。
IMG_1898.jpg

この上に直接タイルを張る工法もありますが、不陸がある防水の上に今回のような大きなサイズ(200角)のタイルを直接張ると仕上がりがデコボコしてしまいますのでモルタルで真っ直ぐした下地を作ります。
防水を施した壁には釘やビスは使えませんので、このような場合にはトンボと呼ばれるこの金物を接着剤で取付けます。壁に取り付けたトンボに、メタルラスという金網を引掛けて張り付けその上からモルタルを塗っていきます。
IMG_1905.jpgIMG_1904.jpg

壁のモルタル塗りが済んだら浴槽の搬入です。キズを入れないようにしっかり養生をしています。
これを据えつけたら次はいよいよタイル張りです!IMG_1961.jpg

糸島の空気がうまい家
保利建設社 保利重勝
http://horikenhome.jp/index.html
posted by ほりけんブログ at 00:00| Comment(0) | 日記