人にやさしい空間を作る 株式会社保利建設

2018年10月29日

無添加に隠された秘密




images.png



こんにちは。



今回は日頃からお世話になっている、お取引先の
カイケンコーポレーション鰍ウんが年に4回発刊されている
季刊誌SAiNから、ご紹介させていただきます。

↓カイケンコーポレーション
http://www.e-kaiken.com/



【無添加というだけでは健康住宅と言えない?】
無添加=添加物が入ってないので体に良く健康になれる
↑このように思われる方が多いと思います。



確かに添加物が多く使われているより、できる限り入って
いない方が体に良いことは間違えないでしょう。



無添加という表示は添加物が一つでも入っていなければ
無添加として商品が出せるという曖昧な定義のもとにあるのです。



防腐剤が入っていても無添加なのです!



だからと言って全成分が無添加という商品や原料も全て
無添加という商品は、ほとんどないでしょう。



また、化学物質が食事から体内に入り、呼吸からも体内に
入ってきているという事を皆様はご存知でしょうか?



住宅に使用される建材では、無添加や自然素材が当たり前に
使用される時代です。



しかし、自然素材の木材に何か塗られていたり
海外から輸入されてきた木は薬品づけになっていたりと
自然素材がひとつでも入っていれば、その商品は全て
自然素材という枠にくくられてしまいます。



「自然素材」=「無添加」と思われがちですが
曖昧な定義のものなのです。



徹底的に調べ上げた中で、カイケンコーポレーションさん
が建材を生産されています。
国産材や自然素材のみを使用したこだわりの
製品造りだからこそ弊社がこだわる家造りの
材料として使用しております。



doc00878120181029104005_001.jpg
↑施工事例なども掲載しており、無料にて配布中!
 お気軽にご依頼ください。



現在では、室内環境においても化学物質が多く揮発しており
近年では気密がとられている住宅が多いため
化学物質を換気により外に出すように義務付けられています。



※化学物質は数万種類もあると言われていますが
 指針値を設けられているのは13種類のみです。



化学物質はあくまでも化学物質です。
どれだけ体内に取り込んでも平気なのでしょうか?
健康が注目されている世の中で、知らず知らずのうちに
汚染された環境で生活を送っている。
事実を知って頂く事が我々の使命です。



大事な家族や、周りのかた、もちろん自分自身の事を考える
家造りを、弊社はお客様と一緒に考え形にしていきます。



ご縁のあった方々にはぜひ本当の事を知って頂きたいと
思っております。この記事で皆様のお役に立てれば光栄です。



最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。







“家族が暮らす住宅 あなたは何を一番に選びますか?”



糸島の空気がうまい家 
保利建設社 保利重勝
http://horikenhome.jp




posted by ほりけんブログ at 10:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: