人にやさしい空間を作る 株式会社保利建設

2018年11月12日

141

皆さんこんにちは。



いつも御覧頂きありがとうございます。



S__81559554.jpg



本日も日常で感じた事から弊社の家造りに
絡めてお伝えできればと思います。
お付き合いのほどよろしくお願い致します。



今日は生憎の雨。
通勤していると、歩道を歩く通学中の小学生男子。
車に気づくなり、さしていた傘を車に向ける...
当然雨にうたれ濡れていました。
しかし、車が通りすぎるまで傘を車に向けたまま。



342-free-character.jpg



皆様なぜだと思いますか?
様々な事が考えられます。



・雨にあたりたかった(あまりにも面白すぎ)
・車に傘からでるビームで攻撃をしたかった。
・車から飛んでくる雨水から自分を守った。



車を運転中でその姿勢に気づいた私は男の子の
横を通る前から減速。おそらく、以前雨水を
車からかけられた経験者かと...



考えさせられました。



私も過去に多くの雨水を車からかけられた
経験者の一人です。



その経験から、雨の日の運転は歩行者のそばを
通るときは必ず減速をしております。
道路が水たまりだらけだと大変ですが
ドライバーマナーとして、心掛けております。



歩行者はレインコートを着たりなど様々な対応を
されていると思います。



心掛けひとつが非常に大事だなぁと
再確認した通勤中のお話でした。



【雨】は年間どのくらい降っているかご存知でしょうか。
昨年の福岡の雨の日の数、141日。
そうタイトルは、雨の日数だったのです。



日本は雨が多い国なのは有名ですね。
3日に1回は雨の計算です。



雨の日のお洗濯で部屋干しすると生乾きが
気になってしまい、洗い直しをされた経験も
おありかと思います。



弊社の家造りで使用している材料は調湿効果を
持っており、生乾きにならず部屋干しでも乾いて
くれます。また、幻の漆喰が有害物質などを
吸着し分解までしてくれるため、部屋干しの嫌な臭い
もなく雨の日のお洗濯ができます。



これは日本の歴史ある工法の真壁工法を採用し
壁には湿式工法を用いたため可能にしております。



梅雨時期のあのジメジメ感もありません。
是非、弊社モデルルームでご体感ください!
※ひつこい営業は一切しませんのでご安心ください。





“家族が暮らす住宅 あなたは何を一番に選びますか?”



糸島の空気がうまい家 
保利建設社 保利重勝
http://horikenhome.jp
posted by ほりけんブログ at 11:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: