人にやさしい空間を作る 株式会社保利建設

2019年10月09日

台風19号 「自然災害なぜ追い打ちをかけるかのように...」

友だち追加

こんばんは。


いつも御覧頂きありがとうございます。

本日もお付き合いのほどよろしくお願い致します。







台風19号、福岡はそれる予想です。

先日の台風の影響でほりけんにも台風被害に

あわれた方からのご連絡が何件か頂き対応させて頂きました。


しかし、千葉では災害後1カ月が過ぎても復旧に間に合って

いないとのこと...。

そこへ追い打ちをかけるかのような台風19号の経路。


ブルーシートしかまだかけれていない家がまだまだ

多くみられる中ですので、非常に住人の方が心配です。

また、思いがけない災難で、ご傷心のことでしょうが・・・。


様々な自然災害にあいにくい家づくりをすべきと思える

災害被害の教訓から、今後のリフォームや新築には自然災害にも

配慮した家づくりを行うように、考えて下さればと思います。







私いち個人の意見ですが。

日本の自然バランスがどんどん崩れ、いつ頃からか

自然災害が大きく目立つようになりました。


バランスが崩れている理由は様々ですが

その中でも住宅業界も大きく関わっていると思います。

山が崩され大きな分譲地となり、化学製品でできた家ばかりが

できていく。


一度壊した山を元通りにするためには

かなりの年月がかかる事でしょう...。


ほりけんでは、空き家の解体から、建築までを一貫させて

いただいております。自然を壊す事を極力避けながらの

環境への配慮もおこなっております。




「健康」「環境」にも配慮した家づくりを今後も

行ってまいります。





健康といえば先日、私の愛娘が「ノロウイルス性胃腸炎」に

なってしまい、1週間もの期間、母子共に隔離部屋生活でした。

病気のために様々な犠牲を負うことを経験致しました。


健康でいれる幸福と同時に、いつ、どこで、といった病気に

対する恐怖をまじまじと経験し、早く健康な家に住み

病気へのリスクを減らしたいという気持ちが高まりました。


私もですが、人生の大半を家で生活します。

そのため住む場所、物件、マイホーム。

しっかり考えて健康で幸福な人生を過ごすお手伝いを

ほりけんではさせて頂くよう考えております。







今日のためになる情報


健康を考えるうえで、身体(根源)のバランスから

その方にあったトレーニングや、施術を行っている助供くん。

是非活動内容や実例を御覧下さい。

※ほりけんでは助供くんとのコラボイベントも行っております。


↓↓↓ HP ↓↓↓



訪問個人レッスンを行っており、病院では解決できなかった

症状の改善など行っております!




C7441E79-10F4-40EF-BCC8-B8C3D4119746.jpg




フィットネスアドバイザー / 助供 駿








“家族が暮らす住宅 あなたは何を一番に選びますか?”




糸島の空気がうまい家 

保利建設社 森 詳樹






友だち追加



posted by ほりけんブログ at 18:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: