人にやさしい空間を作る 株式会社保利建設

2020年02月18日

花粉症発症者が二人に一人の時代!


友だち追加




こんにちは。
最近、ブログを見て頂いた方から「見てます!」
とのお声を頂き、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。


あっ!そういえば2月はまだかけてない〜と思い...(笑)
遅ればせながら書きます。



いつも御覧頂きありがとうございます。
本日もお付き合いのほどよろしくお願い致します。




---------------------------------------------------------

花粉症が辛くなる時期になりました!
私は花粉症対策をしているため花粉を敏感に察知できないのですが
弊社の経理の方が辛そうなところを見ると花粉の時期かと気づきます。
※後に対策方法書いてます!




花粉症を発症される方が二人に一人の時代と言われている現代。
このブログを読んで頂いている皆様はいかがでしょうか?




また、花粉症がここまで増えてしまった原因を皆様はご存じですか?



▼▼▼

【花粉症とそのメカニズム】
花粉症とは、鼻腔内に入ってきたスギ等の植物の花粉に対する
免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされることをいい
季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。 メカニズムとしては
アレルゲンが鼻腔内の粘膜に付着すると、体内に抗体が作られマスト細胞
という細胞に結合します。
(ネット検索/花粉症の原因)より

▲▲▲


つまり、カラダが素直に花粉をこれ以上入れないでくれーっと
お知らせしてくれているんです!
その知らせが鼻水やくしゃみ、目の痒みなどで現れるため
とても辛く、薬や注射に頼ってしまうんですね。


img49d9ac38zikbzj.gif




その薬や注射の効果とは...
花粉症症状の原因となるヒスタミンの作用を抑制し
脳から出ている鼻水やくしゃみを出す命令を止める効果を持つ
くしゃみや鼻水、目のかゆみがひどい際によく服用されます。
(ネット検索/花粉症 薬の効果)より


ようするに、免疫力を麻痺させているのです。
その事により、症状は一時的に緩和されます。
が!効果が切れると...
また同じことの繰り返しですね...(涙)


根源の免疫部分を改善しない事には完治はないでしょう。

以前からお伝えさせて頂いております
『免疫力』の向上
↑前回の記事



昔のほとんどの方は花粉症知らずでした。
私のおばあちゃんもその一人です!(笑)
驚きなのは現代よりも山(木々)が多く、花粉が飛散する時期には
今以上(都市化が進み山林が減った)に凄かったことでしょう。


ではなぜなのか?
それは昔に比べ、世の中の全てがとても便利になりました。
科学(化学)の発展と共に「食生活の変化、住環境の変化」により
発症していると考えられます。
※昔に比べ大きく変わった部分。







〇花粉症ではない方!

はい。油断は禁物です。
花粉症は怠慢性のものですから、いつ発症してもおかしくない
っという危機感を持って頂き、引き続き適度に対策を
行っていってください。



【対策方法】



〇花粉症の方!

まず薬をやめ、免疫力の向上する食事に変えましょう。
また、栄養をしっかりとれるサポート食品としておススメなのは
クロレラ工業さんのバイオリンクになります!
↑詳しはこちら!
それに加え、知らずのうちに体内にため込んだ有害物質や化学物質を
運動など様々な方法でデトックスする事です。
最近はフィットネスブームです。数年前に比べ、ジムなどがとても増えました。
筋トレを定期的に行っている方の多くは、健康な方が多いです。
それは食事にデトックスのバランスがしっかりできており
自身の免疫が高まっているからだと思います。





次々と言いたいことが出てきてしまい止まらなくなってきましたので
その他で気になることがございましたら、私(森)までお問合せ下さい。
私が出会った方の中で、しっかりと根底から考えられ、皆さまの常識を
超えた考えをお持ちの『食のプロ、運動のプロ』をご紹介させて頂き
皆様の健康のお手伝いを行いたいと思っております!








【今日のためになる動画】

↑付け加えさせて下さい。
※花粉は空気中の化学物質や有害物質をくっつける性質を持っております。



【ご紹介】

↑プラン動画ができました!是非ご覧ください。







“家族が暮らす住宅 あなたは何を一番に選びますか?”



糸島の空気がうまい家 
保利建設社 
健康住宅アドバイザー
シックハウス診断士
営業 森 詳樹




友だち追加


posted by ほりけんブログ at 17:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: