人にやさしい空間を作る 株式会社保利建設

2019年03月18日

福島県郡山市の旅

F6823C98-52EF-4255-A1A5-7212BC6AB3AF.jpeg






こんばんは。
いつもご覧頂きありがとうございます。
本日もお付き合いの程よろしくお願い致します。


【断熱材から遮熱材の時代へ…】

先日、郡山市に2日間出張に行かせて頂きました。
健康かつ快適(省エネ)な家つくりを追求していく中で
遮熱材と出会い、施工認定と技術認定を
取得して参りました。

4E0E7D8A-5D3C-4815-9863-84544A02C3EF.jpeg


98701BD6-71A7-4E4D-B0CD-7A4817E2BA56.jpeg


遮熱材とは???
家つくりの中で欠かす事のできない『断熱』を
従来の断熱材よりも行える建築材料です。









◎ これ本当?
◎ なんで有名じゃないの?
◎ もっと詳しく知りたい!

など様々な思いがあると思います。

是非知って下さい!
そして体感してみてください。
もちろんなぜ有名じゃないのかなどの疑問にもお答え致します。



『健康』『安心』『安全』に
ここまでこだわるのにも理由があります。
今後も少しずつ皆様にお伝えしていけるように
精進致します。









“家族が暮らす住宅 あなたは何を一番に選びますか?”



糸島の空気がうまい家 
保利建設社 森 詳樹
http://horikenhome.jp
posted by ほりけんブログ at 18:24| Comment(0) | 日記

2019年03月01日

知っておいてもらいたい事





こんにちは。

いつも御覧頂きありがとうございます。
本日もお付き合いの程よろしくお願い致します。



本日は、「火事」の恐ろしさについてです。
先日火事のニュースを見て知っておいて欲しいと思い
怖い、そして起こっては欲しくないお話をご紹介させて頂きます。





resize.jpg





ニュースで全焼火事の放送を御覧になられた事があると思います。

家の形が残っているもの、跡形もないもの...
この差のほとんどは、木造か鉄骨かになります。

@木造住宅は木が火にさらされた時、燃えるのは表面だけ燃えます。
 燃えた表面は炭化することで燃えづらくなり、内部のほうまで燃えるには
 時間がかかるのです。つまり木造住宅は燃えないわけではなく
 燃え尽きるまでに時間がかかるということです。
 崩れ落ちるリスクが少ないため火事になっても
 逃げ遅れる心配はグッと減りますね。
 
A鉄骨は摂氏600℃程度になると強度が半減してしまいます。
 さらに温度が上がれば飴のような状態になり
 ぐにゃりと曲がってしまうのです。
 木造よりは逃げ遅れる心配が高まってしまいます。


残念な事に火事のニュースの際には亡くなられた方が
数名いることがあります。どうして逃げ切れなかったのか...



S__95387650.jpg
↑先日2/5福島県郡山市で起こった火事。



答えは一酸化炭素中毒で動けなくなってしまい逃げ遅れてしまっていたのです。

※一酸化炭素中毒とは、一酸化炭素を吸い込んでしまうことで血液中の
 酸素が非常に少なくなってしまう、極めて緊急性の高い危険な中毒です。

 一酸化炭素は、ものが不完全燃焼すると発生しやすくなります。
 そのため、換気が不十分な場所で火を使用することや、火災などが原因で
 一酸化炭素中毒となることが多いです。

 一酸化炭素は危険なガスですが、臭いもなく色もついていません。
 そのため、一酸化炭素中毒を防ぐには、一酸化炭素が発生しやすい状況を
 つくらないことがとても重要です。    (ネットより引用)


現在は高気密・高断熱住宅が当たり前。
さらには、新建材やF☆☆☆☆建材家具家電など様々なものから
日常揮発している化学物質や有害物質。
これらが熱されることでさらに揮発量を増やしてしまう。



このような事が重なり合って逃げる事が出来なくなっているのです。



危険リスクを減らすには!
自然素材【木材+塗り壁(不燃材)】を使用した家造りが大前提。
この時に注意がございます。
不燃材でも化学物質で固められたものはボヤ火災でも熱されることで
化学物質の揮発量が増えてしまいます。
※燃えにくいだけであり、化学物質は揮発します。



ほりけんの造る家は、火災時にも逃げ遅れる心配を軽減した
家造りの仕様になっております。



人の命(健康)を守る家造りにこだわっております。










“家族が暮らす住宅 あなたは何を一番に選びますか?”



糸島の空気がうまい家 
保利建設社 森 詳樹
http://horikenhome.jp
posted by ほりけんブログ at 10:50| Comment(0) | 日記

2019年02月18日

驚き!こんな能力が...





こんにちは。
いつも御覧頂きありがとうございます。
本日もお付き合いの程よろしくお願い致します。



無垢材に醤油が...飲み物が...ソースがこぼれて
しまった時ってどうしたら...

自然素材、無垢材の家にこんな心配を
されるかたのお話をよくお聞き致します。



この心配がいらなかったら凄いと思いませんか?
以前「ほりけん通信」でご紹介させて頂いておりました
実験結果を是非ご覧ください。



@
実験写真_190218_0025.jpg
↑様々なものをほりけんが造る家ではおなじみの床板に垂らします。



A
実験写真_190218_0009.jpg
↑上段、垂らしてすぐに拭き取ったもの
 下段、5分後に拭き取ったもの
※別の木ではありません。(木目が全く一緒)



普通の木だったらシミになってしまうと思います。



実際にお客様にも実験していただくために
カットサンプルをお渡ししております。
お子様の自由研究などにも使えそうですね!



ワックスなどを一切使用せずにこの効果があると
非常に安心だと思います。
※ワックスを塗り替えたりする手間や費用も掛かりません。
これは「生きた木材」を使用しているからなのです。



実際に実験を行ってみたいかたなど是非お気軽に
お知らせください。
実験後は鍋敷などにも使用できます。








“家族が暮らす住宅 あなたは何を一番に選びますか?”



糸島の空気がうまい家 
保利建設社 森 詳樹
http://horikenhome.jp
posted by ほりけんブログ at 17:32| Comment(0) | 日記